不要品の転売

私のお金をつくる方法、それはずばり不要品の転売です。
これはここ半年くらいのことですが、スマホのアプリに不要品の転売ができるものがあることを知りました。
いわゆるフリマアプリと呼ばれるもので、テレビなどでもCMをやている、そう、メル○リです。

私は現在48歳の男性、既婚者で娘が二人います。
長女が中学三年になり受験対策の塾に通うなど、もろもろ出費が増えてきました。
すると、当然お父さんの小遣いが減らされるのは世の常です(泣)
減らされた小遣い分くらいなんとか取り戻そうと考えて、フリマアプリでの不要品の転売をはじめました。

正直、最初のうちは半信半疑。そううまく自分の不要品に値段がつくものか?と思っていました。

一番最初に出品したのが、某有名音楽バンドのテレホンカードでした。
テレホンカードなど、今の若い人たちはそれ自体知らないかもしれませんが、当時はレアなものにはとんでもないプレミアがついていました。

私の出品したテレカも人気バンドの非売品で、それなりに珍しいものでしたが、売れる確証などまったくありませんでした。
50度数、つまり500円分の通話可能なカードを1000円の値段で出品すると、なんとあっという間に購入されてしまいました。

おそらく、そのバンドの熱烈なファンの方だと思いますが、あまりに早い落札に驚きました。

次に若いころに好きで履いていた、古いアディダスのスニーカーが家から出てきたので出品してみました。

もちろん現在では販売されておらず、古着マニアの間でも結構人気があるモデルだったようですが、自分が履きふるして捨ててもいいかなと思っていた、ぼろいシューズです。
それもなんと4000円であっという間に売れてしまいました。
ちょっと悪い気さえしてしまいました(笑)

これで完全に味をしめた私は、家のタンスにあって年齢的に今ではもう着ない服や靴などを、片っ端からフリマアプリに出品しました。

結果、この半年で16万円ほどの稼ぎとなりました。

さすがに最近は売れるものがなくなってきましたが、タンスも空いて家の片づけにもなり一石二鳥です。

もしちょっした小遣い稼ぎのくらいの気持ちで、お金が欲しいと思っている人がいたら、私は迷わずこのフリマアプリによる不用品の転売をおすすめします。

もし、このアプリがなかったら、どうなっていたでしょうか。
できれば、妻には内緒でお金を借りるにはどうしたらいいか、ちょっと調べてみたこともあります。
気になる方はコチラ⇒アコムマスターカード

自分はおかげさまで当分小遣いには困らずに済みそうです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です